ゴルフ 飛距離アップのための素振り

 

 

ゴルフ 飛距離アップのための素振り

ドライバーの飛距離アップを目指して、素振りをしている人は少なくありません。ただ、素振りとなると、実際のスイングのときよりも速く振ってしまいます。いいえ、速く振ることができます。素振りというのは、実際にボールを打つわけではないので、自分のイメージ通りに振ることができます。ですから、速く振ることができます。

素振りのポイントとしては、実際にボールを打つときと同じようなイメージで、しっかりと下半身を使って、スイングをすることが重要です。また、速く振るという動作よりも、フォロースルーを大きく出すということに意識を向けると、インパクト瞬間から手首のコックが解けて、ドライバーヘッドが飛球線方向へ勢いよく放り投げられる感覚を養うことができます。実は、速く振るという動作よりも、フォロースルーを強く出す、大きく出せる方が飛距離アップできます。

素振りでヘッドスピードを加速させるイメージを養う

ゴルフスイングが速くても、ヘッドスピードが速くなければ、飛距離アップできませんし、飛ばせません。ゴルフスイングという動作の速さとヘッドスピードは、全く別の動作であり、全く別の意味です。ゴルフスイングという動作を速くすることがヘッドスピードを速くするという意味ではありません。

ダウンスイングでは、手首のコックを保って、腕とクラブを下してきて、インパクト瞬間に手首のコックをリリースして、ヘッドを加速させる必要があります。

ゴルフスイング物理学・小澤康祐さんのゴルフスイング物理学で紹介されているゴルフの「前倒しスイング」と「ポインティング」ヘッドを走らせる共通点という動画を見ると判りやすいです。

ゴルフの「前倒しスイング」と「ポインティング」ヘッドを走らせる共通点

 

 

ゴルフ 飛距離アップのための素振りのコツ

ただ振るだけではなく、床などに目印をつけたりして、それをボールに見立てて、振ると良いです。そうすることで、しっかりとしたフォロースルーをつくって、ボールを飛ばすイメージトレーニングになります。また、速く振るというよりは、実際にボールを打つときのことを想定して、テイクバック、トップスイング、ダウンスイング、フォロースルー、フィニッシュまで一連の動作で素振りをすると良いです。

 

 

重い練習用クラブ、軽い練習用クラブの効果

重い練習用クラブ、ゴルフ素振り用の重いバットを振ってみたり、軽い素振り用のクラブで速く振ることを交互に取り入れると良いです。そうすることで、速筋と遅筋を強化することができます。たまに、自宅でも使える短くて重い素振り用のクラブがありますが、そればかりで素振りをしていると、逆にヘッドスピードが遅くなってしまうことがあります。バランスを考えて素振りをすると良いです。

重い練習用クラブの効果

速く振る感覚を養うことができます。

重い練習用クラブは、遅筋を活性化します

遅筋の役割

  • 持久力がある
  • 大きなパワーは無い
  • 体勢を維持するときなどに必要(体幹など)

軽い練習用クラブの効果

スイング軸がブレない、強い体幹をつくります。

軽い練習用クラブは、速筋を活性化します

速筋の役割

  • 持久力はない
  • 大きなパワーがある
  • 瞬間的に大きなパワーが出せる

 

 

自宅練習用の短い練習クラブ

わざわざゴルフ練習場へ行かなくても、自室でスイング練習するための、短い練習用のクラブがあると便利です。自宅で、イメージトレーニングをしながら、素振り練習をすることができます。

ロジャーキング スイング練習クラブ

とてもシンプルな練習用クラブです。短いので、自室で振ることもできます。練習へ行くのが面倒なときでも、自室で簡単に素振りができます。

 

 

ヘッドスピードを速くする練習用クラブ

ヘッドスピードを速くする練習用クラブは、軽量な練習クラブがオススメです。軽い練習用クラブを何度か振って、いつも通りに自分のドライバーを打つと、ヘッドスピードが速くなっており、飛距離アップができます。

 

ドライバーのスライス 改善策

 

ドライバーのスライスを治す

ドライバーショットのスライスは、ゴルファーの宿命です。ドライバーというゴルフクラブは、ロフト角が小さいので、ほんの少しでも横回転のスピンが発生すると曲がりやすいのです。

アイアンは打てるのにドライバーは曲がる

アイアンクラブなどは、ロフト角が大きいので、バックスピン量が多いです。ですから、横回転のスピンが発生しても、曲がり難いという特性があります。アイアンは、真っ直ぐ打てているけど、ドライバーだけスライスするという人は、実はアイアンもドライバーも適切なスイングで打ててないということが多いです。

 

 

手打ちによるカット打ち

手打ちというのは、腕のチカラだけで、ゴルフクラブを持ちあげて、腕のチカラだけで振っている状態です。この場合、ゴルフスイングの軌道は、アウトサイドイン軌道になってしまいます。ゴルフクラブが外側から入ってくる状態となり、カット打ちになりやすく、スライスが出やすいスイング軌道です。スライスが多い人の殆どは、手打ち+アウトサイドイン軌道のカット打ちが原因となっていることが殆どです。

低い弾道のフェードが多い

ゴルフスイングの円弧を考えずに、手打ちでアウトサイドイン軌道となっている場合は、低い弾道でフェード(スライスボール)となっていることが多いです。または、ボールが超低空で左方向に飛び出すという弾道です。これは、アウトサイドイン軌道になっていることによる典型的な弊害です。飛距離アップの妨げとなるので、早めに改善した方が良いです。

 

 

右肩が前に出て、身体が開く

手で打とうとすると、右肩が前にでやすくなります。右肩が出るということは、身体が開くということになりますので、ドライバーヘッドが少し開いた状態でボールにヒットしますので、スライスボールとなります。

身体が開きやすい場合は、右肩を意識してみて下さい。バックスイングして、捻転をしたときに、左肩がアゴ下に入ってくれるほど捻転するはずです。右肩は、自分の頭の後ろ、後頭部近くまで捻転することを意識してみて下さい。そうすることで、右肩が前に出ること、身体が開くのを防ぎやすくなります。

スライスが出ない打ち方 で紹介している打ち方のイラストを参考にしてください。

 

 

腕のチカラでドライバーを振らない

飛ばそうとおもって、腕のチカラでドライバーを振ると、振った瞬間というのは、とても勢いよく振れている感覚がするはずです。だけど、実際に飛び出すボールは、スライスボールばかりとなります。それは、腕のチカラだけで、ドライバーを振っているので、フェースが開いたままの状態でボールにインパクトしているからです。むしろ、腕のチカラで振って、スライスボールが出るということが、正解なのです。ですから、スライスボースしか出ないということを嘆く必要はありません。打球はスライスばかりで、OBまっしぐらな弾道かもしれませんが、スライスが出る打ち方をしているので、スライスが打てて当たり前であり、それが正解であるとポジティブに考えて下さい。

 

 

スライスが出ない打ち方

スライスを打たないコツとしては、下半身を先に動かして、後から上半身をついてきて、腕とドライバーが振り回されるというイメージを持ってください。想像力が必要となりますので、頭のなかでよくイメージしてください。

下半身を踏ん張ってテイクバックすると、下半身につられて、上半身がテイクバックしてきて、トップスイングがつくられます。ダウンスイングは、下半身から動かしていきます。そして、下半身につられて、上半身も振られていきます。

下半身が土台となっており、土台を回転することで、腕とドライバーが振り子のように振られるというイメージです。このイメージが湧けば、スライスを減らしやすくなります。

下半身を回転させて、テイクバック~トップスイング
下半身を回転させて、ダウンスイング~フォロースルー

厳密にいうと、もっと幾つかの動作が必要となりますが、細かなことを考えずに下半身を動かして、上半身がついてきて、腕とドライバーが振り回されるというのを体感してください。この感覚は実際にやってみることで、感覚が養われます。下半身を回転させて、上半身を振る感覚が養えると、捻転差を活かしたスイングの意味も分かってくるはずです。

何度もやっていると、とあることに気付くはずです。腕のチカラを抜いて、脱力させていた方が、速く振れるということです。そうです。ゴルフスイングは、腕のチカラを抜いていた方が速く振れますし、無駄な動作が入りませんので、ドライバーは真っ直ぐ持ち上げられて、真っ直ぐに元の位置に戻りますから、スライスし難くなります。

 

 

ヘッドローテーションを意識する

これは、少し難しいのですが、インパクトの瞬間にヘッドローテーションを意識すると良いです。ヘッドローテーションというのは、ゴルフスイングでは、ゴルフクラブの開閉が行われます。インパクトに向けて閉じていくのですが、閉じるときのヘッドローテーションを意識すると良いです。つまり、ボールに対してフェース面がスクエア、または閉じながらインパクトしようとしますので、スライスし難くなります。一般的に、ボールを捉まる、捉まえると表現することが多いです。ボールを捉まえるためのコツとしては、インパクトに向けて、左手の甲でボールを打つイメージを持つとよいです。ドライバーを持っている左手が裏拳になるように打つと、自然とフェースが閉じようとします。やり過ぎるとフックが強くなり、チーピンになる可能性がありますので、何度か試してみてください。

 

 

ドライバーのスライスの改善策 まとめ

  • 手打ちになっているからスライスする
  • 手打ちはアウトサイドイン軌道+カット打ちになりやすい
  • 低弾道のフェードボールになってないか?
  • 下半身リードのスイングを意識する
  • 腕のチカラでドライバーを振らない
  • 捻転差を活かしてドライバーを振る

 

ドライバーの苦手意識を克服する

 

 

自信喪失が原因

ドライバーで、スライスしてOBをしてしまってスコアを大きく崩してしまうと、そのミスショットが脳裏に焼き付いてしまって、苦手意識となってしまうことがあります。

苦手意識というのは、ドライバーだけに限ららず、他のクラブ、他のショットにも通じる面があるのですが、これは技術的な問題ではありません。メンタル的な問題です。自信を喪失してしまっている状態です。

練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない

練習場では、ナイスショットが打てていて、芯で打てて、確実に240ヤードくらいは飛んでいるだろうというドライバーショットを連発できていても、ゴルフ場では全く打てないというのは、自信喪失しているからです。それが、苦手意識によって、打てなくなっているという状態です。

 

 

苦手意識を克服する

練習場で、徹底的にボールを打って、自信を取り戻すしかありません。

練習場で、ドライバーをハーフスイングで打ってみたり、おもいっきりフルスイングをしてみたり、手打ちで打ってみたりして、色々な打ち方をして、大きなミスに至らない打ち方を自分なりに見つけることが大切です。闇雲に打つのではありません。自信が無くても、緊張していて、身体がスムーズに動かすことができなくても、フェアウェイキープができるような打ち方を見つけることが大切です。

技術向上のためではなく、自信回復の練習をする

苦手意識が芽生えてしまった場合、ゴルフ練習場では技術向上の練習をするという考えではなく、自信回復の練習をするということを考えましょう。多少、ショットが左右に散らばっていても、これくらいの曲り幅なら、ゴルフ場ではOBにならないだろうと、実際のゴルフ場でティーショットをしていることを想定してボールを打つ練習をすると良いです。飛ばなくても良いです。飛ばせなくても良いです。曲がっても良いです。自信回復を目的とした練習をすることが大切です。

深く考えないこと

また、ミスショットするかもしれない、またOBするかもしれないと考えれば考えるほどに、身体はスムーズに動かなくなります。練習場で打っている通り、何も考えずに、普通に、いつも通りにスイングをすることを心掛けると良いです。

 

 

ミスショットするときは、焦っていることが多くないか?

ゴルフ場でOBしたり、アイアンショットでダフったりしているときっていうのは、焦っていることが多くありませんか?または、飛ばしたいという気持ちが強くて、ゴルフクラブを速く振ろうとしていませんか?気持ちが焦ると、急いで打ってしまいます。打ち急ぎってやつです。これは、悪い結果しか出ない打ち方です。心を落ち着かせて、ゆっくり振ることが大切です。ゆっくり振るといっても、スローモーションで打つのではなくて、いつも通りのゴルフスイングをして、ゴルフクラブなりのスイングスピードで、打つという意味です。必要以上に速く振ろうとする動作は必要ないということです。

何があっても焦るな

ミスショットすると、気持ちがあせります。一瞬、顔が火照ってくるという人もいますし、動悸が激しくなるという人も居ます。焦っても何も良い事はありません。焦れば、焦るほど、ミスショットを誘発します。ミスショットしたときこそ落ち着いて、冷静に判断で次のショットを打ちましょう。

ミスショットは忘れろ

ミスショットは忘れた方が良いです。ミスショットというのは、悪い結果ですから、意外にも脳裏に焼き付きやすいですし、ミスショットしたことの方が覚えていることが多いです。ミスショットを悔やんでいたり、どうしてミスしたのか悩んだり、考えていると、気持ちを切り替えることができません。とくに、パターでミスをするとドライバーショットのミスにつながりやすいです。パターとドライバーって、全く関係性が無さそうに思われますが、とても関係性が深いです。

ミスパットとドライバーショットをミスする関係性

例えば、3パットしてしまってボギーだった。どうして、入れパー(入れたらパーのパッティング)が入らなかったんだろうなと、ミスパットのことを考えながらも訪れるのは、次のホールのティーショットです。前ホールのミスパットのことを考えながら、ティーボックスに入って、ドライバーを打とうとしても、ナイスショットが打てる確率は低くなります。ですから、パターとドライバーショットのミスというのは、意外にも関係性が深かったりもします。

ティーショットがナイスショットだとセカンドショットもナイスショット!

このようなことってありませんか?ドライバーショットでナイスショットが打てると、次のショット(セカンドショット)もナイスショットということありませんか?ティーショットが良いと次のショットも良いと感じている人は少なくないはずです。これって、良い循環でゴルフができてるということです。ゴルフ技術の問題ではありません。ゴルフが上手いとか下手とか、そういった問題ではないということです。ゴルファーとしての気持ち、ポジティブシンキングがナイスショットをさせているのです。ですから、ミスショットは忘れた方が良いです。深く考えずに、いつも通りに打てば、いつも通りにナイスショットできるはずです。誰もが、そういったセンスを持っているのです。

 

 

ドライバーじゃないクラブでティーショットする

ドライバーの苦手意識がどうしても克服できない場合は、ドライバーではない別のクラブでティーショットするということを考えることも必要です。ティーショットは、絶対にドライバーで打たなければいけないという訳ではありませんし、そのようなルールはありません。3番ウッド、5番ウッドなどでティーショットをして凌ぐことを考えることも大切です。とくに、月例などの場合、急にドライバーが不調になってしまった場合などは、なんとかスコアをまとめたいので、3番ウッドでティーショットをして凌いだりすることもあります。

 

 

ドライバーの苦手意識を克服する まとめ

  • 大きなミスにならない打ち方を模索する
  • ゴルフ練習場では、自信回復のための練習をする
  • ラウンド中は、ミスを忘れること
  • ミスショットがミスショットを呼び寄せる
  • ナイスショットがナイスショットを呼び寄せる
  • 気持ちを切り替えること
  • ボジティブシンキングのゴルフを心掛けること

 

自分に合ったドライバーを考える

自分のスイングパワー、ゴルフ技術に見合ったドライバーを考える。ドライバーショットでスライスが多い、ボールが上がらないという場合は、ドライバーのスペックが自分に合ってない場合がありますので、チェックしてみると良いです。

最近のドライバーは、低スピンで高弾道が打てるというモデルが多くなっています。

低スピンドライバー
低スピンドライバーが増えていますが、ヘッドスピードが速いゴルファーこそが低スピンの恩恵を受けられれます。一般的なゴルファーは、ボールが上がり難く感じる事が多いです。

 

ドライバーショットでボールが上がらない原因

ドライバーショットでボールが上がらない原因を考えてみましょう。それは、打ち方の問題だけではなく、使っているドライバーのスペックに問題を抱えていることもあります。ひとつづつチェックして精査することも必要です。

ドライバースペックの問題

  • ドライバーのロフト角が小さすぎる
  • シャフトが硬すぎて、シャフトの撓りを活かせてない
  • ドライバーが飛ばないのは、シャフトが合ってない

 

低スピンが打てるドライバーの問題

最近は低スピンが打てるドライバーが増えています。バックスピン量を減らして、ボールが吹け上がってしまって、飛距離を落としてしまうことを防ぐことができるのが、低スピンなドライバーです。低スピンで打てるドライバーというのは、本当にヘッドスピードが速くて、叩きにいけるゴルファーこそが、低スピン効果の恩恵を受けやすいと言えます。一般的なヘッドスピードのゴルファーの場合は、それなりにバックスピン量が発生した方が、ボールが上がりやすくなり、飛距離を出すことができます。ですから、最近では深重心のドライバーで、高弾道が打てるモデルと、浅重心で低スピンが打てるモデルという感じで、モデルが分類されていることもあります。どちらが、自分に向いているのか、しっかりと確認してドライバーを選ぶと良いです。

バックスピン量
バックスピン量が少なくなると、ボールに揚力を与えることができずに、低弾道になってしまいます。

 

シャフトフレックスの問題

一般的に市販されているドライバーを購入する時に、何も考えずにフレックスSを選ぶ人が多すぎます。純正装着シャフトのフレックスSは、ヘッドスピード43m/s以上くらいの人に向いています。一般的なヘッドスピードのゴルファーのがフレックスSを使うと重くて、硬くて、思うように振ることができないこともありますので、注意が必要です。

ドライバーが上がらないときの改善策

ドライバーが上がらないときの改善策の紹介です。ドライバーショットで、ボールが上がらないことの原因を考えながら、高弾道が打てるコツを紹介します。

ドライバーが上がらないときの改善策 目次

 

ドライバーで高弾道が打てない、ボールが上がらない原因は大きく2つ

ドライバーショットで高弾道が打てない、ボールが上がらない原因は大きく2つあります。ドライバーというクラブの問題と打ち方の問題です。

ドライバーのスペックの問題

ドライバーのスペックが自分のスイングに合ってないことが原因となっている場合。これは、ドライバーを買い替えることで、解消されます。ドライバーのスペックが問題となっている場合は、ロフト角が小さすぎてボールが上がり難くなっていることが考えられます。また、最近のドライバーは、バックスピン量を減らした、低スピンが打ちやすい構造となっています。バックスピン量が少ないとボールの揚力が弱まってしまいますので、低い弾道となりやすいです。
自分に合ったドライバーを考える

打ち方の問題

ボールが上がらない打ち方をしている場合。これは、打ち方を改善する必要があります。
高弾道が打てるドライバーショットのコツ

 

 

高弾道が打てるドライバーショットのコツ

ドライバーで高弾道が打てるコツの紹介です。まずは、高弾道が打てない、ボール上がらない原因を把握して、改善していきましょう。

高弾道が打てない、ボールが上がらない原因

ドライバーで高弾道が打てない、ボールが上がらないという場合、手打ちが原因となっていることが殆どです。腕のチカラだけで、ゴルフクラブを持ちあげて、ボールを直接打とうとすると、ゴルフスイングの円弧が失われてしまいます。ボールに対して、ドライバーが鋭角にヒットしようとしてうので、ボールが上がり難くなります。また、カット打ちになりやすく、スライスボールが出やすくなります。特に低い弾道のスライスボールが多くなる可能性があります。

高弾道が打てるドライバーショット

高弾道を打つには、アッパーブローで打つ必要があります。ドライバーショットは、ボールをティーアップします。ティーアップしたボールに対して、アッパーブローで打つには、ボールの位置とスイング軌道を知る必要があります。ゴルフスイングは円弧を描きます。ですから、ドライバーヘッドは、ダウンスイングでは下へ向かっていき、円弧の最下点を過ぎて、上に向かっていきます。上に向かっていくときにボールをヒットさせられるようにすることが重要です。無理してボールを上げようとする必要はありません。ゴルフスイングは円弧を描いていますので、ドライバーヘッドが上に向いて振り抜かれるときに、ボールが打てるような位置に置くことで、自然とアッパーブローで打つことができます。

ドライバーショットのボールの位置

ドライバーショットの場合、ボールの位置は左足踵の少し内側に置くと良いです。ドライバーヘッドが円弧を描いて、上に向かっていくときにボールを打ちやすくなります。自然とアッパーブローで打つことができます。

ゴルフスイングの円弧をイメージすること

ゴルフスイングは円弧を描きます。この円弧を常にイメージできるようにしておくと良いです。そして、どこにボールを置けば、アッパーブローで打てるのかということをイメージしておくことも大切です。

 

 

高弾道が打てるドライバーショットのコツ まとめ

  • ボールが上がらない原因を探ること
  • ドライバーのスペックが自分に合っているのかチェックすること
  • 手打ちになっている可能性がある
  • ボールを直接、打とうとしている
  • スイング円弧をイメージしてスイングすること
  • ボールの置く位置は左足踵の少し内側
  • アッパーブローで打つイメージを持つこと

 

捻転差をつくるコツ

ゴルフスイングで飛距離アップをするコツ、飛んで曲がらないスイングの基礎は、上半身と下半身の捻転差をつくることです。このサイトで最も重要視している柔軟性とも関りが深いのが、捻転差です。捻転差をつくるコツを紹介します。

 

深い捻転をするには、耐えること

テークバックをして、捻転をすると、身体が苦しくなります。身体を捻じるわけですから、元の体勢に戻りたくなるのを耐える必要があります。この我慢ができるかどうかが要となります。身体の硬い人は、深い捻転ができずに、少し身体を捻じっただけで、苦しくなってしまい、息切れをしてしまうこともありますし、苦しくなって吐息が漏れてしまうこともあります。

深い捻転をするには、柔軟性が必要となりますので、しっかりとストレッチをしておくことをお勧めします。

 

 

左肩をアゴの下に入れることよりも右肩の位置を意識する

ゴルフスイングでは、左肩がアゴ下に入っているかどうかが、深い捻転できているのかどうかの指標となっていることが多くあります。左肩がアゴ下に入っていた方が、深い捻転ができていることが多いです。そして、左肩ばかりを意識するのではなく、右肩の位置を意識することも大切です。左肩がアゴ下に入っているのであれば、右肩の位置は後頭部側まで捻転している必要があります。

右肩を深く回旋させると良い

左肩のことばかり意識するのではなく、右肩を深く回旋させることに意識を向けると、上半身を深く捻転させることができます。背中が飛球線を向き、胸が飛球線とは真逆を向くほどに深い捻転ができるようになります。

 

 

下半身を捻じり戻すタイミング

背中が飛球線を向き、胸が飛球線と逆を向く状態から下半身を捻じり戻すことで、上半身と下半身の捻転差を大きくすることがでます。この捻転差が、スイングパワーとなりますし、勢いよくゴルフクラブを振るためのパワーとなります。プロゴルファーで、飛ばし屋と呼ばれている選手の殆どが、上半身と下半身の捻転差を作ることで、ビッグキャリーを打ち放っています。

上半身を捻じったまま、下半身を捻じり戻すには、その体勢を瞬間的に保つ必要性があります。それが、苦しいのです。我慢できなくなって、元に戻りたくなってしまうのです。これを我慢できるようにするには、ストレッチをして身体の柔軟性を高めることが必要です。

 

 

捻転差をつくるコツ まとめ

  • 身体の柔軟性が必要
  • 捻転をしたときの苦しさに絶える・我慢すること
  • 左肩をアゴ下に入れる
  • 右肩の位置を意識する
  • 背中が飛球線を向く
  • 胸が飛球線とは逆を向く

 

ヘッドスピードを上げるコツ

ドライバーの飛距離アップに必要なのが、ヘッドスピードです。ヘッドスピードを速くすることが、飛距離アップするには、最も簡単な方法であり、最も難しい方法です。

 

ヘッドスピードは、速く振ることじゃない

ヘッドスピードというのは、文字通りドライバーヘッドのスピードであり、ドライバーヘッドがボールに衝突する勢いのことです。素早く振るという意味ではありません。ここを勘違いすると、ヘッドスピードを速くすることができなくなります。勢いよく振ることではありませんし、素早いスイングではりません。速い動作をするという意味ではありません。

ヘッドスピードの意味

ヘッドスピードは、ゴルフクラブヘッドのスピードのことですインパクト瞬間にクラブヘッドが加速して、ボールにインパクトするときのスピードです。ゴルフスイングという身体的な動的エネルギーと手首のコックをリリースしたときの相乗効果により得られるスピードです。ヘッドスピードが速くなれば、飛距離アップすることができます。

また、ゴルフスイングという動作が速ければ、ヘッドスピードが速くなる訳ではありません。

 

 

ヘッドスピードを速くするコツ

ダウンスイングで手首のコックを保ったまま腕を下してきます。インパクト瞬間に手首をリリースして、ヘッドを加速させます。手首のコックをリリースするので、手首のチカラが必要であると思われますが、必要なのは二の腕(上腕)のチカラです。肘から下は脱力させて、柔らかく撓らせるように振るイメージを持った方が、ヘッドスピードを速くすることができます。

インパクトからフォロースルーに向けて、ドライバーのヘッドの重さを感じながら、振っていきます。インパクトの瞬間に左手でグリップを引っ張る、手首の甲でボールを打つイメージでゴルフクラブを引っ張ると、自然とヘッドローテーションが加わり、ヘッドが加速してくれます。フォロースルーは右腕を押し込むとか言われますが、間違ってはいませんが、自然と右腕が伸びていくイメージです。

 

 

テコの原理 | グリップを引っ張る、左手でクラブを倒す

左手でグリップを引っ張る、左手でクラブを倒すという感覚を養うことができれば、ヘッドスピードは簡単に速くなりますし、飛距離アップできるようになります。ゴルフスイングをすれば、ゴルフクラブの重さで身体、腕が引っ張られる感覚がするはずです。そのときに、右手を支点にして、左手でゴルフクラブを引っ張るようにすると、テコの原理により、小さなチカラで大きなエネルギーが得られます。コツを掴むのは難しですが、確実に飛距離アップできます。何度も練習をして感覚を養うことが大切です。

スイング全体の円弧と手元の円弧の回転差がヘッドスピード

テコの原理を活かして、ヘッドを加速させることができれば、自然とスイング全体の円弧(アウトサイド・アーク)と手元側の円弧(インナー・アーク)の回転差がつくられます。これがヘッドスピードとなります。

 

 

ヘッドスピーを上げるコツを掴む 参考になる動画

ゴルフスイング物理学・小澤康祐さんのゴルフスイング物理学で紹介されているゴルフの「前倒しスイング」と「ポインティング」ヘッドを走らせる共通点という動画を見ると、判りやすいです。

 

 

ヘッドスピードを速くするコツ まとめ

  • ヘッドスピードは速く振ることじゃない
  • ヘッドスピードはゴルフスイングという動作を速くするわけじゃない
  • ダウンスイングでは手首のコックを保つこと
  • 手首のリリースが要となります
  • フォロースルーまで自然と加速する感覚を養うこと

 

ゴルフスイングと股関節

腰を回転させるは、間違っている?

ゴルフスイングには、柔軟な股関節が必要です。ゴルフスイング理論書などには、腰を回転させるという言葉で表現されていることがありますが、実際は腰を回転させるというよりは、股関節を回旋させる必要があります。腰というのは、骨盤のことを意味しているのですが、骨盤は左右の股関節に挟まれています。そして、股関節の柔軟性があるからこそ、腰(骨盤)を回転することができるのです。海外では、腰を回転するという表現ではなく、ヒップターン(お尻を回転)するという表現を使います。

つまり、腰を回転させているのではなくて、股関節を回旋させるという動作こそが、腰を回転させているのです。そして、ヒップターン(お尻を回転)させているのお、股関節の回旋なのです。

 

深い捻転をつくれる

股関節を柔らかくすることで、腰(骨盤)を大きく回旋することができるようになりますので、深い捻転をつくることができます。これは、上半身と下半身の捻転差を大きくすることにもつながります。ゴルフスイングに必要なのは、柔軟性です。捻転差を大きくつくることで、力強いゴルフスイングになります。

左肩がアゴの下に入って、深い捻転ができると、背中が飛球線方向を向くほどに捻転することができるようになります。上のイラストのようなトップスイングが理想的です。深い捻転ができれば、身体の捻じれ戻りを活かして、強いインパクトで飛ばすことができます。

 

手打ちを防ぐことができる

股関節を柔らかくして、骨盤を動かしやすくすることで、どのような状況でもスムーズに下半身主導のゴルフスイングができます。傾斜のライなどは、立ち難いですし、不安もありますから、どうしてもゴルフクラブを手のチカラだけで持ち上げて、手だけで打とうとしてしまいます。股関節の柔軟性を高めることで、傾斜のライからでもスムーズなテークバック、捻転ができるようになります。

 

股関節のストレッチに向いてるアイテム

股関節をストレッチするのは、容易ではありません。ですが、股関節をストレッチするためのアイテムがあります。それが、ストレッチハーツです。使い方はとても簡単で、自宅で簡単にできます。腰痛予防にもなります。深い捻転がし難くなったと感じているゴルフファーにオススメです。価格も安いので、是非とも股関節のストレッチにトライしてみてください。

ゴルフスイングと肩甲骨

肩甲骨が固いとトップスイングで腕を高く上げ難くなります。つまりゴルフクラブを高く上げることができません。また、上半身の捻転も浅くなる傾向にあります。そもそも、ゴルフスイングの捻転というのは、背中の筋肉や肩甲骨周りの可動域が必要となります。また、肩甲骨というのは、背骨の上に肩甲骨が被さるように乗っています。肩甲骨周りの筋肉が固くなると、スムーズな動きがし難くなり、ゴルフスイング自体がギクシャクしてしまいます。そのような、硬い動きではスムーズにゴルフクラブを振って、ヘッドスピードを速くすることも難しくなります。しっかりと、ストレッチをして肩甲骨周りを柔軟にしておくことが大切です。

 

ゴルフスイングと肩甲骨

ゴルフスイングという動作をするうえで、肩甲骨はとても重要です。テイクバックして、ゴルフクラブを持ちあげて、トップスイングをつくります。ゴルフクラブを持ちあげて、トップスイングをつくるのは肩甲骨です。肩甲骨が硬くなっていると上半身をスムーズに捻転し難くなります。また、上半身の回旋範囲、可動域が狭くなってしまいますので、捻転が浅くなってしまいます。深い捻転、高いトップスイングをつくるには、肩甲骨の柔軟性が必要です。

 

捻転が浅いとミスショットが増える

肩甲骨が硬くて、上半身の可動域が狭いという人は、左肩をアゴの下に入れることがとても苦しいと感じていることが多いです。上半身が硬いので、一生懸命に身体を捻じっているからです。そして、捻転に耐えられなくなって、もとのアドレスにはやく戻りたくなってしまいます。これは、打ち急ぎにもなってしまいます。また、しっかりと捻転ができてないのに打とうとしてしまうので、ゴルフクラブが加速しません。すると、自分の腕のチカラでゴルフクラブを振ろうとしてしまいますので、手打ちとなり、アウトサイドイン軌道となり、様々なミスショットの原因となってしまいます。ゴルフスイングで、捻転が浅い、捻転ができないというのは、致命的です。

 

肩甲骨の柔軟性を高めることで深い捻転をつくる

肩甲骨を柔らかくすることで、上半身の回旋範囲、可動域が広くなりますので、自然と深い捻転をすることができるようになります。左肩がアゴの下に入らないという人は、しっかりと肩甲骨をストレッチすることが必要です。深い捻転をすることで、上半身と下半身の捻転差をつくることができるようになります。これが、飛ばすための秘訣です。

そして、身体の捻じれ戻りを活かして、ゴルフクラブを振ることで、強いインパクトで飛ばすことができます。また、直進性が良くなり、スライスを減らすことができるようになります。

 

肩甲骨をストレッチするアイテム

肩甲骨というのは、背中側にありますから、自分の手でさすったり、ほぐしたりし難いのです。ですが、ストレッチハーツというストレッチ器具を使うことで、誰でも簡単に肩甲骨のストレッチをすることができます。肩甲骨の可動領域を広げて、深い捻転、高いトップスイングで、曲がらなくて飛ぶスイングを身に付けて下さい。

愛知県名古屋市のゴルフ練習場・打ちっぱなし

最近、愛知県名古屋市のゴルフ練習場・打ちっぱなしが少なくなってきました。

ゴルファー人口が減っているからなのか、閉鎖となる練習場もジワジワと増えてきています。ゴルフ練習場・打ちっぱなしが無くなってしまうと、練習場難民が増えてしまいます。ゴルフ仲間との談話のなかでも「どこの練習場、行ってる?」というのが話題にあがってきます。いつも行ってる練習場が無くなってしまうと、自分のゴルフ練習リズムも変わってしまいますし、思い通りの練習ができなくなってしまうこともあります。練習場が無くなったから、練習に行くの辞めてしまうという人も居ます。ゴルフ練習に行かなくなると、ゴルフが下手になってしまうこともあります。ゴルフが下手になってしまって、スコアが悪くて、嫌になってしまって、ゴルフをやめてしまうという人も居ます。

ゴルフ人口が減少していることに比例して、ゴルフ練習場・打ちっぱなしも少なくなってきています。今まで通っていたゴルフ練習場が閉鎖になってしまると、寂しいものです。そして、どこの練習場へ行けばよいのか、悩んでしまうものです。

ゴルフ仲間の間でも、どこで練習してるのかが話題

名古屋市内、名古屋近郊の小牧市、春日井市でも閉鎖となるゴルフ練習場・打ちっぱなしが増えてきており、ゴルフ仲間の間で話題としてあがってくるのが、どこで練習してるのか?という話題です。練習場が少なくなってきて、ゴルフ練習場難民が増えてきているように感じます。名古屋市内、名古屋市近郊のゴルフ練習場、打ちっぱなしの紹介をします。自宅から近い練習場が見つかれば幸いです。

練習してないようで、練習してる人は多い

ゴルフがうまい人は、練習してないようで、けっこうしっかりと練習している人が多いです。毎日、練習に行くという人も居ます。

 

名古屋市、及び近郊のゴルフ練習場・打ちっぱなし

名古屋市内全体のゴルフ練習場・打ちっぱなしです。Googleマップ上に表示されますので、チェックしてみて下さい。練習場じゃないところもGoogleMap上に表示されてしまいますので、注意して下さい。
Googoleマップでチェック

コンプレックスゴルフクラブ

葵ゴルフクラブ

東山公園ゴルフ

  • 〒468-0071名古屋市天白区天白町大字八事裏山170
  • 練習場の距離:230ヤード
  • 駐車場有無:あり
  • 東山公園ゴルフ GoogleMap

天白ゴルフセンター

アコーディア・ガーデン名古屋

亀島ゴルフセンター

本陣ゴルフ練習場

※営業時間は各ゴルフ場に確認してみて下さい。

 

春日井市のゴルフ練習場・打ちっぱなし

春日井市内全体のゴルフ練習場・打ちっぱなしです。
Googleマップでチェック

リバーデール

ゴルフクラブフローラ

王子ゴルフガーデン 春日井

 

小牧市のゴルフ練習場・打ちっぱなし

小牧市内全体のゴルフ練習場・打ちっぱなしです。
Googleマップでチェック

一鍬(いっしゅう)ゴルフクラブ

小牧市の打ちっぱなしは、一鍬(いっしゅう)が人気あります。ショートコースもありますので、初心者はショートコースで芝生の上から打つ感覚を養うための練習もできます。

 

名古屋市北区周辺の打ちっぱなし・練習場

何気に練習場が無くて困っているのは、名古屋市北区あたりのゴルファーです。

瀬古ロイヤルゴルフガーデン

瀬古ロイヤルゴルフガーデン(名古屋市北区)

リバーデール

リバーデールは春日井にありますが、名古屋市北区から行きやすいので、ピックアップしました。若干、ボール代が高いと言われることもありますが、夜中12時まで営業していることと、夜でも照明が明るくて見やすいとのことで評判が良いです。綺麗な練習場なので、女性受けが良いです。
リバーデール(春日井)

その他、名古屋近郊の打ちっぱなし・ゴルフ練習場

ゴルフパートナー 和合練習場

極楽ジャンボリーゴルフ倶楽部

 

ゴルフ行くときの事前練習・早朝練習

※ゴルフ場近くの練習場・打ちっぱなしゴルフへ行くときに、少し早めに自宅を出発。ゴルフ場近くの練習場で、ボールを少し打ってから、ラウンドをしたいと考えている人にオススメの練習場です。ゴルフ場に練習場・ドライビングレンジが無い場合などにも有効的に利用できます。主には、早朝営業をしている練習場・打ちっぱなしの紹介です。※練習場によって、冬季は早朝営業をしてない場合もありますので、事前確認をしてください。

リバーデール

近いゴルフ場:春日井カントリー、オールドレイクなど
その他、多治見方面、御岳、可児方面のゴルフ場へ行く場合に利用できます。
リバーデール(春日井)

多治見わくわくゴルフ

多治見わくわくゴルフ GoogleMap

 

ゴルフ上達を目指して

ゴルフ練習場だけではなく、ゴルフ上達のためのヒント、ゴルフによる腰痛解消、ストレッチ器具なども紹介しています。ゴルフの飛ばしは、パワーよりも柔軟性といわれることもあります。上半身と下半身の捻転差をつくって、強いインパクトで飛ばしましょう。

ライザップゴルフ名古屋

本気でゴルフ上達を目指すなら、ライザップゴルフ。
ライザップゴルフ名古屋の詳細紹介

ライザップでメタボしらずな身体に!

オアシス21の近くにあります。
ライザップ名古屋の詳細紹介

中川式ストレッチングベンチプラス

腰痛に悩んでいるなら、自宅で簡単に腰痛解消できます。
中川式ストレッチングベンチプラス詳細紹介

ストレッチハーツ

肩甲骨と股関節のストレッチなら、ストレッチハーツで解消!
ストレッチハーツ詳細紹介