ゴルフスイングと股関節

腰を回転させるは、間違っている?

ゴルフスイングには、柔軟な股関節が必要です。ゴルフスイング理論書などには、腰を回転させるという言葉で表現されていることがありますが、実際は腰を回転させるというよりは、股関節を回旋させる必要があります。腰というのは、骨盤のことを意味しているのですが、骨盤は左右の股関節に挟まれています。そして、股関節の柔軟性があるからこそ、腰(骨盤)を回転することができるのです。海外では、腰を回転するという表現ではなく、ヒップターン(お尻を回転)するという表現を使います。

つまり、腰を回転させているのではなくて、股関節を回旋させるという動作こそが、腰を回転させているのです。そして、ヒップターン(お尻を回転)させているのお、股関節の回旋なのです。

 

深い捻転をつくれる

股関節を柔らかくすることで、腰(骨盤)を大きく回旋することができるようになりますので、深い捻転をつくることができます。これは、上半身と下半身の捻転差を大きくすることにもつながります。ゴルフスイングに必要なのは、柔軟性です。捻転差を大きくつくることで、力強いゴルフスイングになります。

左肩がアゴの下に入って、深い捻転ができると、背中が飛球線方向を向くほどに捻転することができるようになります。上のイラストのようなトップスイングが理想的です。深い捻転ができれば、身体の捻じれ戻りを活かして、強いインパクトで飛ばすことができます。

 

手打ちを防ぐことができる

股関節を柔らかくして、骨盤を動かしやすくすることで、どのような状況でもスムーズに下半身主導のゴルフスイングができます。傾斜のライなどは、立ち難いですし、不安もありますから、どうしてもゴルフクラブを手のチカラだけで持ち上げて、手だけで打とうとしてしまいます。股関節の柔軟性を高めることで、傾斜のライからでもスムーズなテークバック、捻転ができるようになります。

 

股関節のストレッチに向いてるアイテム

股関節をストレッチするのは、容易ではありません。ですが、股関節をストレッチするためのアイテムがあります。それが、ストレッチハーツです。使い方はとても簡単で、自宅で簡単にできます。腰痛予防にもなります。深い捻転がし難くなったと感じているゴルフファーにオススメです。価格も安いので、是非とも股関節のストレッチにトライしてみてください。

関連記事

自分に合ったドライバーを考える 自分のスイングパワー、ゴルフ技術に見合ったドライバーを考える。ドライバーショットでスライスが多い、ボールが上がらないという場合は、ドライバーのスペックが自分に合...
捻転差をつくるコツ ゴルフスイングで飛距離アップをするコツ、飛んで曲がらないスイングの基礎は、上半身と下半身の捻転差をつくることです。このサイトで最も重要視している柔軟性とも関りが...
ゴルフスイングと肩甲骨 肩甲骨が固いとトップスイングで腕を高く上げ難くなります。つまりゴルフクラブを高く上げることができません。また、上半身の捻転も浅くなる傾向にあります。そもそも...
ドライバーの苦手意識を克服する ドライバーの苦手意識を克服する 目次 自信喪失が原因 練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない 苦手意識を克服する 技術向上のためではなく、自信回...
ドライバーが上がらないときの改善策... ドライバーが上がらないときの改善策の紹介です。ドライバーショットで、ボールが上がらないことの原因を考えながら、高弾道が打てるコツを紹介します。 ドライバー...
ヘッドスピードを上げるコツ ドライバーの飛距離アップに必要なのが、ヘッドスピードです。ヘッドスピードを速くすることが、飛距離アップするには、最も簡単な方法であり、最も難しい方法です。 ...
最新理論でスイングを作る ゴルフスイング物理学ゴルフスイング改善を含むスポーツ動作の研究をされている、スポーツトレーナーの小澤康祐さんによる、最新理論でスイングを作ることができるウェブ講...
ドライバーのスライス 改善策 ドライバーのスライスの改善策 目次 ドライバーのスライスを治す アイアンは打てるのにドライバーは曲がる 手打ちによるカット打ち 右肩が前に出て、...
ゴルフ 飛距離アップのための素振り ゴルフ 飛距離アップのための素振り ゴルフ 飛距離アップのための素振り 素振りでヘッドスピードを加速させるイメージを養う ゴルフ 飛距離アップのた...